企業保健師 求人

企業保健師の求人がココにあります!!《企業保健師求人BLUE》

保健師の主な就職先

保健師の主な就職先としてはどのような場所があるのか理解しておいた方がいいでしょう。保健師の主な就職先はそれぞれの自治体の保健所、保健センターといった行政機関と、そして一般企業、事業所や医療機関、大学での仕事が主な就職先です。最近保健師が就業している先を調べたところ日本全国で活躍しているのは4万人といわれています。その内訳としては、それぞれの都道府県の保健所が20パーセント、市町村が60パーセントとなっていますので、8割の保健師が行政機関で働いているという事がわかります。ではそれ以外の残りの2割はどこで働いているのでしょうか。残りの2割は、保健師として医療機関、企業で働いていることになります。

 

保健師の仕事は看護学生、看護大学の学生にとってはとても人気があるというのが現状です。ですから最初は看護師として働いてから、自分のスキルアップのために、保健師の資格を取得したいと目指す人も増えています。ですが、人気はあるのですが、行政機関の保健師という事で就職をするのはとても難しいのが特徴です。その理由は一度行政機関に就職すると、保健師は大半が長期間仕事を続けているので離職をなかなかしないという特徴があるのです。離職率が低いために退職者が出ず、空きがなかなかないのです。

 

看護師の離職率は高いのに対して、保健師は離職率が低いので、なかなか仕事に就くのが難しいですが、それだけ仕事にやりがいを感じて働きやすいと思っている人が多いのです。

 

夜勤がない、土日が休み、事故のリスクがない。といった始めやすい職種となるので、年齢を重ねても働きやすいんですね。そんな産業保健師の求人をランキングで紹介しています。きっと良い求人が見つかるでしょう!!

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ